高円寺びっくり大道芸2010 at EUROPEANPAPA

無事にイヴェント終了、訪れてくれたお客様、ありがとうございました。
ご報告を兼ねてこの3日間のパパの様子を書きます。
実は時間がなくてmixiの日記のまんまなんで
多分にプライヴェートな事柄も含まれますが、
今回は許してね!



国民的休日が続く黄金週間はヨーロピアンパパにとって
かなりヘビーである。
前回お知らせした高円寺びっくり大道芸は5/1(土)2(日)開催、
午前中から準備に奔走、
我がヨーロピアン“SOLEAM”パパでは久しぶりに
アゼルバイジャン・ケバブ・サンドを振る舞うからだ。
12時を過ぎると、高円寺域周辺、南北指定エリアで、
海外、国内から招待されたプロフェッショナル、
セミプロ・パフォーマーが技を競いはじめ、
徐々に街は人々で膨れ上がっていく。
今回はデイヴィッドさんが、事前にケバブを仕込んで冷凍してきたので、
比較的スムースに作業が進んだ。
d1
d2

それでも店と外の準備を一人でこなすのは大変だ。
あずま通りには通常のパフォーマーに加え、
アマチュア・パフォーマーが各所に散らばり芸を披露、
出店も様々な食べ物、飲み物が並ぶ。
初日は、折りしもお隣の林医院前でベリー・ダンスが観衆を魅了、
ケバブを焼く匂いと煙が相乗して、
あたりにはエスニックなムードが濃厚に立ちこめた。
d3
d4
d5

4時過ぎには、先日ライヴに呼んでいただいたギタリストの
上村さんに無理をいって来てもらい、
ストリートライヴが実現、
ブルース、ロックンロール、エルモアジェームスから
忌野清志郎ナンバーまで歌いまくり。
(早いもので5/2は清志郎大先生の一周忌)
d9
d10

こっちはすっかりご機嫌になってしまい、
ビールのペースがあがって本業はそっちのけ、
酔っ払っちまう。
5時過ぎにはシンガーの麻季ちゃんが遊びに来てくれ、
予定外で何曲か歌ってくれた。
d11

二人とも今度は是非うちのイヴェントに出ておくれ。
大道芸は阿波踊りと違って6時で終了、
肝心のケバブの方は売り上げ的には苦戦を強いられた、
まだまだこれから色々回りたいという人が多くて、
お客さんも固かったかな?
デイヴィッドさんはスマートに片付けを済ませると
日のあるうちに店を後にしていた。
酔いが醒めると疲れがどっと来る。
店の方は客足はまあまあ、去年もそうだったけど
イヴェントの時は、
物品商売ってやつは飲食と違って冷やかしは多くとも
なかなか実を結ばないことが多い、店を覚えてもらう、
そんな意味で出店をやって自分も楽しむのがピアパパ流。
早めに閉めてその日は友人と「竜ちゃん」へ。
ここは早稲田通りにあるせいもあって
イヴェントの影響はほとんど受けておらず。
席に着いたらビールを注文して、
いやあ今日は疲れちゃったよ・・・
と切り出すはずが、いきなり熱いプロレス話が待っていた。
このタイミングで、
四人のプロレスファンのツワモノが顔を会わせてしまったのは
始末が悪い。
1950年代から60年代のアメリカン・プロレスと
日本プロレス時代の名試合の映像が流れ始めると会話は止まらず、
時間も止まらず、裏話、意外な真相、爆笑エピソードまで
延々と話が続く。ホントかよ?
午前2時にフリッツ・フォン・エリックの引退試合で打ち止めた。
今日は場所を間違えたな。
癒しを求めるつもりが返って疲労倍増、
わずかな気力を振り絞り(まあ帰って寝りゃいいんだけど)
「森」でやっとリラックス、
来日で再び俺を熱くしてくれたディランのbeat感(これについては
日を改めて書きます)を語り、たわいのないしかしどこかやっぱり
濃い話をして
帰ったのは4時過ぎ、へとへと。
1日2試合って感じだった。
翌日は急遽デイヴィッドさんの電話で起こされる。
売り上げが思うように上がらなかったので
初日だけにしようということだったのだけれど、
いきなり今日もやるってんで、
また飛び起きて氷を買いに行く。
ヘビーやなあ。
看板娘のウェンディは2連休ということになる。
というのは彼女は大騒ぎ、やかましいのが大の苦手で
連れてきてもどこかに身を隠してしまうのだ。
新しい猫草と好物のマグロのスープをセットして
さて出陣!
その日は隣の東京土建の事務所の方が、包丁研ぎや出店、
フリーマーケットなど開き2,30人が事務所に詰めるから
こっちも負けじと奮闘、
手早くケバブのスペースを組み上げると、
向かいのキッチン南海が休みだったこともあり、
道の反対側にもCDやDVDのセールものを500枚、
本を100冊ほど並べてスペースを拡張、
ケバブ・サンド、薔薇のジャムの販売にありったけの声を張り上げ、
試食を進め、アゼルバイジャンを連呼、また連呼、
その知名度の普及に努める。
土建さんとこの出し物、いただいた玉こんにゃくとっても美味でした。
日本の味、母の味、失礼しました!
昨日とは打って変わってケバブが良く売れた。
薔薇のジャムに興味を示す人もいてデイヴィッドさんも
自国の説明から中東地方の食文化のレクチャーまで
大忙し。
d6
d7
d8

ケバブが少なくなってくるとデイヴィッドは自前の
牛のハツ(心臓)を塩焼きにして出してくれた。
店も昨日よりお客さんが多くレコードを探しに来られた方も
結構いて、外と内をひっきりなしに往復、
さすがにこの日はビールは店閉めまで封印。
大道芸はこの通りに関しては、
マジックなどが時折人を集めたが前日より地味な印象。
時間を大幅に残してケバブ完売。
またしてもデイヴィッドは極めてスマートに片付けを済ませると、
風のように去っていった。
アゼルバイジャンの怪人よ、君はやはり遊牧民族の血を引く
立派な末裔である。
へとへとにへとへとが輪をかける、べドべド↓
早い時間に、今年のはじめまであずま通り横で
立ち飲みのママを務めていたマキさんが、
山形の酒を土産に訪ねてくれたのだが、
買い物で留守にしていて会えず、
店を閉めたら合流しますということでこの日も早めに閉めた。
しかしどうやら早い時間から飲んでたみたいで、
結局つかまらず家で待ってたらそのままウトウト・・・
気がついたら10時間はたっぷり寝ていた。
結果的には昨日は飲みに行かず正解だった。
あの勢いのまま飲んでたら今日はなかったかも。
ウェンディは夜中一人運動会をしたみたいだけど
朝はグッスリ、ウェン君!さあ行くぞ。
気持ちいい快晴、昨日の後片付けをしながら
店を開けると、今日は早くから熱心なレコードファンが
詰め掛ける。
マキさんからメール、飲み過ぎたようだ、頼むぜお穣さん。
買取が2件入って試聴、検盤・・・
やっとレコード屋らしい穏やかな日常に戻ったことを実感。
さて連休後半戦、締まっていきましょう!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

山形 お土産

<お買い得情報> 安く、カニをたらふく食べたいなら、カニ市場 『北国からの贈り物』へ 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、上記商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!! 楽天市場