2016/06/02 今日のオープニング

今日のオープニングは
WEEZER / (THE BLUE ALBUM)
WEEZER6
弾けるポップ・サウンド、
粗削りで歯切れ良いディストーション・ギター
リヴァース・クオモRivers Cuomo得意の泣きメロ、
コーラスワーク、そしてこの冴えなさがたまらない
四人組こそ
その後のポップ・パンク、エモ勢に与えた
影響は計り知れない
一世を風靡した90'S POWER POP SOUNDの先駆、
WEEZER
WEEZER1

そしてこれが
1994年衝撃の1ST
プロデュースは80年代のポップ職人
リック・オケイセックRic Ocasek
リヴァースは
2006年36歳でハーバード大学を卒業
同年日本人女性と結婚、Miaという名前の娘がいる
WEEZER3

このアルバムを聞いて俺が思うこと、
それは美しいメロディは多くの人の心を打つし
ジャンルを越えて愛され、後世に残る
自分をさらけ出すってこと、
自らのキャラクターをここまで
アルバムに昇華出来て全世界から共感を持たれる
ってのは本当にロックでやりたいことだよ
独創性を磨いてアイデンティティを持って
曲と向かい合い最高のナンバーを書き上げる
楽器なんて少々うまくたって
歌が少々歌えたって
多くの人に聞いてもらえる状況からは程遠い
だから必死になっていいメロ作んなきゃなって思うんだ




★★★

暑くなると
冷たい辛い麺類がどうしても食いたくなる
でも最近じゃ出前もない
で、冷やし坦々麺を弁当にしちゃった
TAN5

仕込みは結構大変だった
肉みそは
生姜、ニンニク、長ネギ、
鶏ももひき肉に
味付けは酒、三温糖、オイスターソース
塩、みりん
ごま油、ラー油
レシピとかにある
麺つゆ、焼き肉のたれなどを
使って料理を簡素化させるやり方は
甘くなりすぎる傾向があり
避けた
TAN6


麺は手もみざる中華の麺を使い
茹でで冷やしたあと
酢、油、薄い出汁で作っためんほぐし用のスープを絡めて
ほぐれやすくした
TAN4


スープは溺愛の塩ラーメン用液状スープに
練りごまを混ぜ込んだ
これもごまだれやごまドレで代用するのは
甘くなりすぎるため避けた

弁当箱の底にレタスを敷き
麺を乗せ、キュウリ、トマト、メンマ、
辛子高菜、かまぼこ、茹でたまご、
紅ショウガを飾り、
アサツキを振った
TAN1

倉庫の冷蔵庫で冷やして
たった今いただいた
麺のひっつきなど
課題は残ったけど
最初としては上出来だよ
うまい!!
肉みそもっと作っときゃあよかったな
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント