2016/07/15 今日のオープニング



今日のオープニングは
BRUCE HORNSBY AND THE RANGE / THE WAY IT WAS
BRUCE6

1987年、シングルカットされた同タイトル曲が
全米NO.1に輝く。
シンコペーションの多用したピアノプレイ、
南部の味わいを感じさせる、ロック・ジャズ・ブルーグラスの
ミックスという独自のスタイルに加え、
本ナンバーは疾走感がありながらも内省的なピアノリフと
That's just the way it is
Some things will never change
That's just the way it is
But don't you believe them
という歌詞の繰り返しが受けた。
それは80年代アメリカが抱えていた
経済不況問題を
公民権運動と根強い人種差別の一面から
描き出しているからだ。
最も僕が好きな③は内省的なピアノリフが深く胸を打つ
忘れられない曲だ。


BRUCE2



Mandolin Rain

The song came and went
Like the times that we spent
Hiding out from the rain under the carnival tent
I laughed and she'd smile
It would last for awhile
You don't know what you got till you lose it all again

CHORUS

Listen to the mandolin rain
Listen to the music on the lake
Listen to my heart break every time she runs away
Listen to the banjo wind
A sad song drifting low
Listen to the tears roll
Down my face as she turns to go

A cool evening dance
Listening to the bluegrass band takes the chill
From the air till they play the last song
I'll do my time
Keeping you off my mind but there's moments
That I find, I'm not feeling too strong

CHORUS

Running down by the lakeshore
She did love the sound of a summer storm
It played on the lake like a mandolin
Now it's washing her away once again

CHORUS

The boat's steaming in
I watch the the sidewheel spin and I
Think about her when I hear that whistle blow
I can't change my mind
I knew all the time that she'd go
But that's a choice I made long ago

CHORUS

BRUCE3BRUCE4



その歌は行ったり来たりしてた
まるで僕たちが過ごした時間のように
カーニバルのテントの下に落ちる雨を隠しながら
僕が笑うと彼女は微笑む
そんなことがずっと続くと思ってた
君はもう一度すべてを失うまで得てきたものはわからないのさ

  CHORUS




その歌は行ったり来たりしてた
まるで僕たちが過ごした時間のように
カーニバルのテントの下に落ちる雨を隠しながら
僕が笑うと彼女は微笑む
そんなことがずっと続くと思ってた
君はもう一度すべてを失うまで得てきたものはわからないのさ

  CHORUS

  マンドリンの雨の調べ
  湖上に流れる音楽を聴いてよ
  彼女が去っていったときに感じた胸の痛さ
  バンジョーの風の調べを聴いてよ
  悲しい歌が低く漂う
  彼女が去って行ったとき
  僕の顔に涙が流れる音を

冷たい夜のダンス
ブルーグラスバンドを聴けば寒くはないかな
最後の曲が終わるまではね
僕は自分の時間を過ごした
君を僕の心から消そうとしたけど
僕はそんなに強くないってことがわかったよ

  CHORUS

    湖畔を走り下りながら聴く
    夏の嵐の音が彼女は好きだったんだ
    マンドリンのように湖に奏でた
    それは今もう一度彼女を洗い流しているんだ

  CHORUS

蒸気船がやってくる
僕はサイドホイールが廻るのを見て
汽笛を聴いたとき彼女について考えてみたんだ
やっぱり気持ちを変えることなんてできない
僕は彼女が行ってしまったときのことはすべてわかってた
でもそれはずっと前に僕が心に決めたことなんだ

  CHORUS

BRUCE1


レインジ解散後、ブレント・ミッドランドBrent Mydland
の後釜としてGRATEFUL DEADに参加、
その後もソロで活躍中。
ブルースは、ライブにおける自然発生的・創造的なパフォーマンスで知られ、
クラシック、ジャズ、ブルーグラス、フォーク、
モータウン、ロック、ブルースなどのジャンルを切れ目のない即興演奏で描き出す
アーティストとして極めて重要なパフォーマーであり、
アメリカを代表するキーボディスト、シンガーソングライターである。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント