毛皮のマリーズ イン リキッドルーム JULY 11 2010

兼ねてより行く行くって言ってて
なかなか見れなかったマリーズの
ライヴに遂に行ってきた。
Restoration Tour 2010のラストファイナル、
恵比寿リキッドルームにお招きいただきました。
実際彼等がインディーでアルバムを発表し始める頃から
疎遠になっていて去年、イマーノキヨシロー祭で
連絡取った時にはインディーラストアルバムを
リリースしたばかりの頃、
すでに志磨遼平は若者にカリスマ的支持を受けていたのを
そのとき知った。
俺の知っている彼等とはもう全然スケールも違うんだろうけど、
メジャー第一弾が予告通りロックンロールアルバムとして
素晴らしいアルバムに仕上がったことが、
今回のステージに俺の背中を押した一番の理由だろう。

恵比寿は去年出張買取りで訪れて以来、
見事に俺には縁がなく、組織的に整理され異空間に思える。
建て並ぶビルの隙間にすらその居場所がなく
行きかう無感情な雑踏が殺伐とした空気を作り出す。

会場に着くとすでに若いファンでうめつくされていた。
カードを受け取ると間際まで飲み屋で時間をつぶす。
戻るとすでに会場は満杯で立錐の余地もない。
ドリンクカウンターの脇に陣取る。
もちスタンディングだ。
場内にはマディウォーターズ、ストーンズのキャロル、
ファンキーな60'S ソウルが流れた。
オープニングはLOVE YOU LIVE みたいにやりたいって
話は聞いていたので大方予想通り、
パーカッションが派手に鳴り響き、
ファンファーレ風SE、
ギターがワンコードを繰り返す中、大歓声に迎えられ、
メンバー登場。
金がなけりゃがガッツリロックンロールアレンジで始まる。
ストレートな3コードのR&R、ブギーが頭から4連発、
うれしいという言葉意外にない。
COWGIRL
ボニーとクライドは今夜も夢中
MARIES1


チャックベリーやストーンズ、ブルースのカヴァー、
とりわけ3コードとタメのリズムにこだわってバンドを
やってた俺には今のマリーズがこういう音出してて、
若い子を煽ってるっていうことが確認出来たことは
最高のことさ。
テンポを少し落としたルーズなタメのあるロックンロール、
DIG ITなんかが、みんなの持ってる
日本語のスリーコードの概念を変えてくれりゃいい。
でも評論家が論ずるより俺が心配するより
一番敏感な若い奴らはすぐにそれを血肉にして
また素敵なバンドが生まれるだろう。
ゲストでピアノとホーンが入ったのも良かった。
ビールをおかわりしてはエイトビートに身をゆだねる。
中盤のアコースティックコーナーでの
サンデーモーニング
悲しい男

歌い方も崩してか崩れてか、かなりラフな仕上がりで、
俺には少し不満が残ったけど、
今の勢いというのもあるし、若い子にはそれでいいのかも
知れない。

それすらできない
BABY DOLL
すてきなモリー
ビューティフル
紅一点ヒロ君の人気が拍車をかける
後半インディー時代のナンバーはコンサート自体を
奥行きのあるのもにし、ファンをセンティメンタルな
気分に浸らせた。
未曾有のエネルギーは最後まで尽きることはなく、
そのエンディングは早すぎるほどに感じられた。

何よりもそのストレートな生身のロックンロールサウンドが
会場を揺らし続けた楽しくも熱い夜であった。

曲順が正確でなく書き漏らしのあることをお詫びします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント