2016/10/13 今日のオープニング

今日のオープニングは
ENYA / THE CELTS
ENYA8
この作品は彼女の名を一躍有名にした
1988年リリースの”WATER MARK”よりも
前に録音されたもので、
英国BBCのドキュメンタリーのために制作され、
好評を博したことからアルバムとして
リリースすることになった、奇跡の1STアルバムである。
クラナドを脱退したエンヤが、
そのマネージャー兼プロデューサーだった
ニッキー・ライアンとその妻で作詞家のローラとの
プロジェクトの試行錯誤の賜物であり、
それが、シンセサイザー、ピアノ、多重録音コーラスという
独創的な音楽世界の誕生だった。
ENYA1

クラシックと教会音楽を基礎に、
故国アイルランドの音楽など、さまざまな要素をミックスし、
アナログ/デジタル双方のシンセサイザーを駆使しながら
あくまで主役は魂の”VOICE”であり、
ピアノなど様々なアコースティック楽器である
ENYA5
シンセサイザーに打楽器、コーラスが加わる
オープニングは壮大な大自然が目覚めるように清々しく、
ゆったりとした浮遊感の中でエンヤの幻想的な囁きが
記憶の彼方の黄泉の国へ誘う
ENYA4

ケルツ
世界に終わりはない
終末への始まりの中で
私たちは永遠に生きる

世界に終わりはない
終末への始まりの中で
私たちは永遠に生きる

ENYA6


祖国への郷愁
自然への感謝
人間への無償の愛
ENYA10

エンヤが導いてくれる世界は
本当は手元にあるのに
現実の世界は
裏切りと殺戮に満ちている
残念でならない

アイルランド人は
サッカー見ても人柄伝わるなあ

今日のオープニングは
ENYA / THE CELTS
ENYA8
この作品は彼女の名を一躍有名にした
1988年リリースの”WATER MARK”よりも
前に録音されたもので、
英国BBCのドキュメンタリーのために制作され、
好評を博したことからアルバムとして
リリースすることになった、奇跡の1STアルバムである。
クラナドを脱退したエンヤが、
そのマネージャー兼プロデューサーだった
ニッキー・ライアンとその妻で作詞家のローラとの
プロジェクトの試行錯誤の賜物であり、
それが、シンセサイザー、ピアノ、多重録音コーラスという
独創的な音楽世界の誕生だった。
ENYA1

クラシックと教会音楽を基礎に、
故国アイルランドの音楽など、さまざまな要素をミックスし、
アナログ/デジタル双方のシンセサイザーを駆使しながら
あくまで主役は魂の”VOICE”であり、
ピアノなど様々なアコースティック楽器である
ENYA5
シンセサイザーに打楽器、コーラスが加わる
オープニングは壮大な大自然が目覚めるように清々しく、
ゆったりとした浮遊感の中でエンヤの幻想的な囁きが
記憶の彼方の黄泉の国へ誘う
ENYA4

ケルツ
世界に終わりはない
終末への始まりの中で
私たちは永遠に生きる

世界に終わりはない
終末への始まりの中で
私たちは永遠に生きる

ENYA6


祖国への郷愁
自然への感謝
人間への無償の愛
ENYA10

エンヤが導いてくれる世界は
本当は手元にあるのに
現実の世界は
裏切りと殺戮に満ちている
残念でならない

アイルランド人は
サッカー見ても人柄伝わるなあ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント