2017/03/12 今日のオープニング

今日のオープニングは
MERLE HAGGARD / IT'S NOT LOVE(BUT IT'S NOT BAD)
MERLE HAGGARD5
1972年マールの17枚目のスタジオ・アルバムである。
昨年亡くなったミュージシャンの中でも
アメリカン・ミュージック・シーンにおいては
最も多大な損失と言っていいマールの死は
ボウイやプリンスに劣るどころか
それ以上にミュージシャンからの
R.I.P.コメントがFB、TWITTERに続々寄せられたことでも
わかる
幼少期より音楽に馴染むも
少年時代から犯罪を繰り返し少年拘置所の出入りを繰り返す
この時期レフティ・フリッゼル(LEFTY FRIZZELL)のコンサートで
彼から声をかけられる
その後、ハガードの歌は徐々に評判になり始めるが、
金銭トラブルのあげく、
ベーカーズフィールドの居酒屋にどろぼうに入り逮捕される
サン・クエンティン刑務所に服役中、
ジョニー・キャッシュ(JOHNNY CASH)の慰問で
そのステージに衝撃を受け、
出所後、肉体労働のかたわら
夜は酒場で歌い始め
1963年カントリー・シンガーとしてデビューを果たす
彼のスタイルは
当時の主流であったポップなナッシュヴィル・サウンドとは
一線を画す荒々しいギターやドラムを全面に押し出した
ハンク・ウィリアムス(HANK WILLIAMS)、レフティ・フリッゼル直系の
ラフなサウンドであり、バック・オウエンス(BUCK OWENS)と共に
ウエストコースト・ベイカーフィールド・サウンドの担い手となる
Merle-Haggard3
1967年5枚目のアルバムに自らの獄中体験から
死刑囚との想いを歌った
SING ME BACK HOME を収録

これは音楽の師であるジョニー・キャッシュに
彼の番組(JOHNNY CASH SHOW)に出演する際
過去(刑務所服役)の体験を話して欲しいと
促されたことで最初は躊躇したものの
このナンバーを披露したのである
merle-haggard6

"俺を故郷に連れ戻してくれないか
昔よく聞いた歌を歌って 昔の思い出を蘇らせてくれないか
俺を連れ去ってくれないか
時計の針を戻して 故郷に帰らせてくれないか
俺が死ぬ前に"


それは兄貴分だった死刑囚が、母親が子供の頃よく歌ってくれたゴスペルを
刑務所内でギターの弾けるハガードにリクエストしたという、
サンクエンティンの実話から生まれたものだった

ヨーロピアンパパ・レコメンド・アルバムとして
取り上げた若手女性SSW、NIKKI LANE、MIRANDA LAMBERT
が共にソングライティングに影響を受けたアーティストとして
マールの名をあげているほか
グラム・パーソンズGRAM PERSONS、グレイトフルデッドGRATEFUL DEAD、
エルヴィス・コステロELVIS COSTELLOがーカヴァー
タイトル・ナンバーは
ボブ・ディランのテーマ・タイム・ラジオ・アワー ~コンプリート・ボックス
にも収録されている

SIDE-A
1. It s Not Love (But It s Not Bad)
2. Goodbye Comes Hard For Me
3. My Woman Keeps Lovin Her Man
4. New York City Blues
5. I Wonder What She ll Think About Me Leaving
6. The Conversion Of Ronnie Jones
SIDE-B
7. A Shoulder To Cry On
8. I d Never Told On You
9. Dad s Old Fiddle
10. Somewhere To Come When It Rains
11. I Wonder Where I ll Find You At Tonight
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント