2017/06/16 今日の午後4時のBGM

今日の午後4時のBGMは
MANHATTAN TRANSFER / MECCA FOR MODERNS
MANHATTANT1
その卓越したボーカル技術とハーモニーに
ポップセンスと時代の音をうまく取り入れ、
当時のジャズポップシーンを席巻した感すらあった
マントラが1981年にリリースした本作は、
のっけからミステリアスでジャジーなムードを
かき立てる演出を随所に配し、
ジェイグレイドンがエレクトロニクスを駆使した
サウンドプロダクツで見事に料理。
日本でも大ヒットした"BOY FROM NEW YORK CITY"含むA面は、
カリプソリズムやジェームスボンドのテーマをおかずにしたりと
遊び心満載。
最後はジェイグレイドン節炸裂の必殺バラード。
(もちろん鍵盤はデヴィッドフォスター)
B面は変幻自在なジャズヴォーカルグループの妙味を
たっぷりと、ラストはア・カ・ペラで締めくくる、
見事というほかない小憎いエンディング。
といった具合で久しぶりに聞いても
その鮮度は少しも落ちてないし、
80年代というある種音楽界にとっての
踏み絵のようなデジタル革命を手玉に取って、
見事に映し出した記念碑的作品といったら
言い過ぎだろうか?
さあ楽しもう!
ティム、アラン、ジャニス、シェリル、
4人のヴォーカルとコーラスワークに身を委ねればいい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント