2017/06/27 高円寺 ペンギンハウス

2017/06/27 高円寺 ペンギンハウス
きのうは役者時代、同じ釜のメシ食った
稲田が来てくれた
なんか娘さんが大学生でギター弾きながら
歌ってるみたいで興味持ってくれて
足運んでくれたのは嬉しかったな!
次の日早いからと言うことで
その日は少ししか話できなかったけど
翌日バッチリ長文のメールで感想書いてくれた
サンキュー!
これでプロモCDも稲田にも諏訪野さんにも
届いたし演劇ゾーン拡散計画進行中
20170627PENGUIN3 (5)
さて本題、
20170627PENGUIN3 (1)20170627PENGUIN3 (4)
grasshopperは高瀬さんとEギターにカフォンのトリオ
チェッカーでご一緒した時(ソロ+ギター)より
楽曲がしっかりしてる分
グンとスケールアップしたサウンドに乗って
豪放に歌い放つ痛快なヴォーカルを存分に楽しめた
尖った部分を決して失っていない
潔いアダルト・オリエンテド・ロックに酔った
高瀬さんは年齢も指向も近いし、
ミュージシャンとして尊敬できる貴重な存在
今後もよろしくお願いします!
20170627PENGUIN3 (2)
20170627PENGUIN2
自分はかなり熱量の高いタイプ
高瀬さんもそっち側だと思うけど
3番目登場の山田宏樹とパン泥棒は
対象的に山田くんの視界から見える
風景が俺の目の高さとは違って
ふだん見えないものがクールになんとなく
そこに存在している様(さま)が
とても和むのだ
それが彼のギターと気の利いたメロディに
乗ってふんわりとこっちに届く
熱量や体臭を排した無味乾燥とした
外観(サウンド)は会場の熱を違和感なく
うまく冷ませてくれた
シンプルながら
その音空間に浸っていることがとても心地良いのは
淡々としているようで
実は味わい深いグルーヴを奏でるベースとドラムが隠し味になってる
身も心もクールダウンな時間をありがとう
20170627PENGUIN3 (3)20170627PENGUIN3 (6)
最後は前回も対バンで楽しませてもらった
林漁太くん
絵描き歌で始まるオープニング
ギターを止めて口でリズム刻んだり
ハンドクラッピング、サビの連呼
お客さん参加させちゃうコール&
気持ち良くお客さんレスポンス
変幻自在なステージ運びが大好きで
最高ハッピーな気分になるぜ!
ギターのカッティングもグル―ヴィ―で
コード進行はツボだし
メロディはいいしで
最高のミュージカルエンターテイナーだよ
終演後はいろいろ話せて今後またお付き合いできそうな
予感にワクワク
SO DELICIOUS! SO GREAST!
きのうは4者4様ながらそれぞれの距離で
自分たちの今を歌った楽しい宵だったよ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント