FC2ブログ

2017/11/17 今日のオープニングはCOLD BLOOD / THRILLER

2017COLDBLOOD5

今日のオープニングはCOLD BLOOD / THRILLER
2017COLDBLOOD1
ベイエリア・ファンクの帝王と言えば
TOWER OF POWERだが、おいらは映画“FILMORE THE LAST DAYS”で
見たリディア・ペンスLYDIA PENCEの強烈なシャウトにやられ
それがきっかけでベイエリア・ファンクとサンフランシスコの
アシッド&サイケなフォーク&ロックにのめり込んでいく
ここにはブエルトリカンやチカーノ、チャイニーズなど様々な人種が
ひしめいているおかげで音楽的にも白人ロックとブラックミュージックに
加え、あらゆるエッセンスがミックスされ独自にサウンド&プロダクトを
生み出している
実際ギターのマイケル佐々木は日系人だし、メンバーをちょっと
見渡したところでも南米っぽい顔もちらほら
2017COLDBLOOD4
本作はダニーハザウェイプロデュースによる前作から
ビル・グラハムのサンフランシスコレーベルで
出した1STのデヴィッド・ルービンソンに復帰
R&B、ブルース色とファンクリズムがさらりと
溶け合ったコクがあるのにさっぱりとした味わいの
アルバムに仕上がってる
2017COLDBLOOD3
シンプルなギターカッティングから始まる
オープニング、ミディアムテンポに
いい感じにキーボード、ベース、ドラムが
準に加わってゴキゲンなビートを刻み、
コーラスとリディアのシャウトが入り、
ホーンが絡む
ミニマルに展開するビートの波は、
徐々に大波となってグイグイと
ファンクグルーヴに引き込まれていく①
スティーヴィー・ワンダーの名作バラードを
幻想的でファンタスティックなインストパート
(とりわけとろけるようなフルートソロ)を加えて
叙情的に仕上げた②、
リトル・ミルトンのブルースクラシックを
極渋いファンクアレンジで聞かせる③
リチャードマニュエルの名唱が冴える
THE BAND のSLEEPINGを壮大なオーケストレーションと
ホーンセクションで大胆にアレンジした④
ジャジーなシャッフルナンバーのオリジナル⑤
同じベイエリアの先輩格ボズ・スキャッグスBOZ SCAGGS
の十八番⑥
これぞ!コールドブラッド!!と言いたくなる
チープなフェンダーローズの音色とカラフルな
ファンクサウンドに迫力満点のリディアの
ヴォーカル」が冴える⑦
後半のドラムブレイクが最高にイカスぜ!
と聞き応え十分、この際に是非聞いてみて
2017COLDBLOOD6



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント