FC2ブログ

◆じゃがたら前夜◆ 江戸さんの30回目の命日に寄せて

edo4

◆じゃがたら前夜◆
edo1
江戸さんが亡くなって30年?
時は経つものである
おれが江戸さんにあったのは、
大学2年のバイトの時で
当時、江戸さんはバイトがしらだった
同じ大学の友人は
じゃがたらスタジオに出入りしたりしていて
じゃがたらお春はイアンデューリーみたいに
ファンキーでかっこいいから見に行こう!
と誘われ、オールナイト・イヴェント
“天国注射の夜”に出かけた
edo2
江戸さんはライヴの前に友人に
「大学はちゃんと行って卒業しろ」とか
まともなこと言ってたのに
ライヴになると全裸になって流血、
ゴミ箱をぶちまけ、大変な騒ぎになり、
女たちは服を脱ぎだし、新宿アシベは修羅場となる
その後もじゃがたらのライヴでは女たちが
催眠術にかかったように服を脱ぎすてて
踊り狂う姿を何度も見ている
江戸さんにはそういう力があった
場の空気をすべて自分のモノにしてしまう、ちから
教祖、預言者、グルと同一のパワーを発散する男
江戸アケミ
その後、全裸流血をくりかえして
ライヴハウスを出禁になったり、スキャンダラスな
話題が先行するが、バンドは当時、UK・PUNKが
持ちえた白人のファンクやレゲエの
エッセンスを取り込みながら成長していった
江戸さんの毒舌冴え、
泥臭さをたっぷり含んだファンキーなサウンドで
渋谷屋根裏をパンパンに膨れ上がらせてた
今でもその時のテープは何よりも刺激的だ
大学4年、俺が演劇養成所に入った時、
シングル“LAST TANGO IN JUKU”が出た
当時のチラシには新宿西口バス放火事件の写真が
使われ、全国集団虐殺ツアーと銘打たれたライヴを
精力的に展開していて
江戸さんは、「新宿2丁目!ホモのおまわりさーん」
といたずらっぽくおどけた
edo3
翌年1982年、暗黒大陸じゃがたらと改名、
今でも名盤と言われる“南蛮渡来”が出たときは、
養成所で知り合ったテクノボーイ、サトシに事務所へ
買いに行ってもらったら、山本政志とかいて、かなりぐちゃぐちゃな空気が漂っていて、一緒に飲もうと誘われたが、
身の危険を感じてやめたと言ってた
アルバムはアフロファンクサウンドが導入され、
スケールアップしたかのように思えたが、
正直、俺には、ライヴの方が全然かっこいいのに、と思った
edo5
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント