昨年のジョンレノントリビュート報告以来、
今年初めての書き込みになります。




21世紀はなんと早いのだろう。
半年という歳月で破滅へのサイクルに拍車がかかっている。





最近のニュースを見渡しても

福島原発の復旧、賠償、事故調査などに関して
相変わらず責任逃れや反省の見られない言動、対処がおこなわれている。
★今日の新聞でも福島第一原発の復旧工事で、下請け会社の役員が
昨年末、放射線量計を鉛のカヴァーで覆うよう作業員に
指示していたことがわかった。何が良く何が悪いのか、
自分で主張できなくなってしまった人間性の崩壊。




ギリシャの経済危機が国民の生活を直撃、ユーロ圏に動揺と混沌をもたらす中、
★7月20日の欧米外為相場でユーロが1円=95円39銭まで急落、スペイン国債下落。
中国経済のバブル崩壊あるか?アメリカドル危機は貨幣経済の崩壊?




尖閣諸島に関し所有者は国への売却を断り石原と交渉するという。
中国は戦争も辞さずと政府及び国民の声。
北方領土問題に関してもロシアは日本を刺激する発言を繰り返す中、
韓国、中国に投資を促し、竹島領有権を主張する韓国国会議員が
今年5月国後島を視察に訪れたというから完全に囲まれた形。
戦争こそ人類の最も愚かな崩壊である。




1997年、山一證券の経営破たんあたりから、
大手企業、銀行、商社は生き残りをかけ統合合併買収を繰り返し、
人件費削減は最も重要なコストダウンの道となり、
希望退職や派遣社員に頼るやり方はもはや雇う側と雇われる側との
関係の崩壊。




3,11の例をあげるまでもなく
20世紀までの従来型の気象観測、自然災害予知は崩壊、
世界各地で天災が猛威をふるう。
いじめ問題で表面化する教育現場の崩壊、
幼児虐待、子供を親も国も守れない。
性犯罪が多発多用化、年齢、職業を超えたモラルの崩壊、
公務員、教師、医者、かつては賢人の模範とされた面影はない。




2012年今をそれぞれが見据えなければいけない



赤い月の晩に   辺見由美子



コーネリア コーネリア

月のしずく

ぽたりと  おちる

コウモリ と  カマキリ

恋をしたよ

コーネリア  コーネリア

白い竜が  まぶたを開く








否定の果て       舟沢 虫雄

世界は私から私を剥ぎとり

熱のない風を吹かせる

それでも生は終わりそうにない




心臓はかろうじて輝き

あの泥の海に飛び込む

それでも生は届きそうにない



もう生と死の区別がつかない



狂おしい夜

すくわれない朝

死んだ昼





舟沢 虫雄『否定の果て』は1991年、暗黒舞踏のBGMとして使われ
CD化された美しい作品である。
舟沢は画家辺見由美子の一枚の絵に触発され出来たと語っている。       
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント