2012/09/06新入荷
CD
GIDON KREMER / PIAZZOLLA TANGO BALLETT 国内 A ¥780
DEATH IN JUNE / NADA! 国内 A ¥780
AUSTIN POWERS サントラ 国内 A ¥300
NILSSON / PUSSY CATS 輸入 A ¥780
EUMIR DEODATO / ATAQUE 国内 帯 A ¥1200
CARPENTERS / CHRISTMAS COLLECTION 国内 2CD ¥980
ROUGE / THE BEST OF ROUGE 国内 帯 A ¥1600
村八分 / LIVE '72 三田祭 国内 A ¥1400
増尾元章 FIRST 国内 帯 A ¥1500
SCREW BONKERS / SCREW BONKERS 国内 帯 A ¥1600
渡辺貞夫とシャープス&フラッシュ / SADAO MEETS SHARPS & FRASH 国内 帯 A ¥1200
東京キューバン・ボーイズ / TOKYO CUBAN BOYS MEMORIAL 1950-1964 国内 帯 A ¥1500
MOTT THE HOOPLE / HOOPLE 輸入 A ¥580
HELEN SHAPIRO / SENTIMENTAL 輸入 A ¥980
HELEN SHAPIRO / TOPS WITH ME 輸入 A ¥780
酒井俊 / MY IMAGINATION 国内 帯 A ¥480 *ジャケ不良
上西千波 / FLYIN' BUTTERFLY 国内 帯 A ¥780













昨日は都合によりお休みをいただきました。
所用があり高島平団地まで行ってまいりました。
最近は電車に乗ることが少なく
まして中央線から山手線、巣鴨経由
都営三田線で高島平なんてちょっとした
俺にとっては小旅行です。
腹が減ったが、高島平なんかまで行っちまったら
それこそ何も食えんだろう
巣鴨で何か食っていこうってことで、
巣鴨下車、チェーン店を避けて
個人の飯屋を探すも見当たらず、
結局日高屋へ。
冷麺+半炒飯セット。
注文を待つ間ぼっと店内を眺めていると
すっとレジに向かう男、どこかで俺の記憶の中に。
竹内研究所10期同期の土井君であることに気付くまで
数分かかった。
そして次の数分、彼の癖のあるしゃべり方や動きが
フラッシュバックして今見た彼に重なった。
あれから30年も経ってしまっているが、
飄々として小ずるさを匂わす身の軽さは健在で
年を経てちょっとした詐欺師っぽさすら
漂わせていた。
チャーハンのしょっぱさが舌に、喉に
空腹に滲みるなあ。
三田線から見る板橋の風景、立ち並ぶ団地からは
独特の暗さが漂う。
高島平団地は高度経済成長を象徴するマンモス団地、
1972年に入居開始、
都心への交通の便が確保されていることから
団塊の世代を中心に人気を博した新興住宅は
最盛期には2万5千人を越えると言われたが、
92年をピークに人口は減少、高齢化が進んでいるらしい。
自分にはとんと縁のない場所である。
用を済ませ、せっかくだからそのマンモス団地の
実態を見ておこうと思い団地内へ。
どでかい棟が積み木のように立ち並ぶ、
木々も多く環境は決して悪くないのかもしれないが、
作られた集落の印象を否めない。
takasima2
食品売り場は1階に設けられ魚や揚げ物をその場で
揚げて売っている光景は今逆に都心には古めかしい。
スーパーに入ってみると高齢化は歴然、
安売りのチラシを持って店員に
チラシに載っている商品がどこにもないと大声を上げている老人、
ヘキヘキしてうなだれるおばちゃん、なんかぞっとする。
カラっと明るくない、じめっとしている。
外へ出ると広場には生気を欠いた老人が目立つ。
持参したカメラで何枚か写真を撮るが
どれも同じようでつまらない。
三田線に乗って巣鴨に戻り、今度は地蔵通りまで歩いた。
駅前には石原裕次郎の歌を吹き込んだ自分のテープを売る男、
信号を渡ると路上マッサージ¥500と書いた立て看の後ろで
柔軟体操をしきりにおこなう男、ここは東京なのか??
かなりヘンな街である。
地蔵通りは以前にも行ったことはあるが、
あのひと昔前の商店街は健在だろうか?
とにかく暑くてひっきりなしに汗が流れる。
あんみつやかき氷など甘味屋がやたら目に入る。
涼を取りたいががまんして先へ歩いた。
とげぬき地蔵尊にはベンチに寝そべる男など退廃的な雰囲気が。
銘菓、着物、金物屋、薬局、化粧品・・・
sugamo1
軽食など観光客目当ての店がほとんどだが、
値段は安くない、芸能人の誰が来たとか写真が貼ってある。
呼び込みをしている姿はどこかのんびりしている。
これで食べていけるのだろうか?
久しぶりに高円寺を離れ何か刺激を求めていたのだが・・・
まだ21世紀が来ていないようなそんな街であった。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます