ツェッペリンの真実

ZEP-7

ZEP-8

先日リリースされた
THE SONG REMAINS THE SAME(スペシャルエディション2DVD)
THE SONG REMAINS THE SAME(最強盤2CD)
は未聴だが新たに加えられたり差し替えられたりして
21世紀仕様にして本来のZEPのコンサートに
少しでも近づく配慮がなされているのであろうが
僕が感じるZEPのライヴの魅力はやはりBOOTLEGでしか
味わえないのかもしれない。

改めて2003年にリリースされたライヴCD HOW THE WEST WON
を聞いて思うのは演奏、音質は当然ながら申し分ないのだが
オーディエンス録音ながら会場の雰囲気を的確に捉え
ワンコンサートを完全収録したBOOTLEGから放たれる
畏敬のようなものが断片を収めたこのライヴ盤からは
感じとれないということだ。
ツェッペリンの場合、ストーンズや多くのバンドのライヴが
1時間30分あまりであった70年代の前半に
3時間は当たり前、時に4時間を越すヴォリュームの
ライヴをおこなっていたことはワンコンサート全体の
中にひとつの圧倒的世界を構築していた証しであり
ヒット曲の寄せ集めではこれだけの長尺ライヴに
観客を引きつけることは難しい。
現役時代に存在したライヴ盤は
イメージショットとライヴシーンで構成された
映画THE SONG REMAINS THE SAME
のサントラ盤(映画の音源と異なるもの多数)であり
残念ながらあの中途半端なアルバムからは
彼等の全貌は見えてこない。
さらに編集作業によって生の鮮度を
落としてしまっている。
CD時代に入るとオフィシャル盤では難しい
ZEPのワンコンサート完全収録が可能となり
数多くの素晴らしいモニュメントが次々に
リリースされるようになる。
LAフォーラムのような音回りの良い会場では
その場に居合わせたような興奮がダイレクトに伝わり
オフィシャル盤では出せない醍醐味となった。
さらに音質の良し悪しを別にして
ロバートプラントの声の調子や
ジミーペイジのミスなどで日々変わりゆく
彼等のライヴがリアリティを持って再現され
ミスを取り戻そうと悪戦苦闘することが
その後の演奏を持ち直させてしまったり
また逆に墓穴を掘って空回りし
さらに傷口を広げてしまったりする様が
見事に再現されているのだ。
こうした出たとこ勝負の怖さ、面白さこそが
真の即興のあるべき姿であり
筋書きのないドラマこそライヴパフォーマンスの
真髄であろう。
編集によって良い部分を残し悪い部分を削って
他から補填したライヴ盤に本物のリアリティは存在しない。
これだけ多くのBOOTLEGによって
各時代、ツアーごと、日ごとのライヴが丸ごと楽しめ
しかも我々を虜にしてやまない彼等のライヴの魅力は
製作者の意図によって作り上げられたオフィシャル盤
では不十分で
観客に投げ出されたままの音源こそが本物の彼等の
姿を表わしている、そんな気がしてしまう。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

"にこにこで発見しました おなじみのロンフォールの曲","で歌詞つけて 歌ったみたいです。超ウマイw …",http://www.lineagecojp.com/movie/mov0025.zip

【実録】 リアルレイプ!いきなり口を押さえられ、女は成す術無し=>http://maplestorfy.w16.okwit.com/infoseek/linelink