2008.2 新入荷 PART-2 

今週はかなりあたたかい日が多くなって
ほっとしますね。
今回はポリスの来日音源がいち早く登場!
他レイジ、ザッパプレイズザッパ、シェリルクロウなど
最新ライヴが入荷です。


今月の新入荷DVD

THE BEATLES / YELLOW SUBMARINE THE COMPLETE
SUBMARINE
新品 MGSM-007 1DVD-R PRO-SHOT 37MIN ¥2800
イエローサブマリンのコンピレーション映像。
時間は短いながら「ヘイ・ブルドック」やメイキング映像など
貴重な映像が盛りだくさん。


THE BEATLES / ACROSS THE UNIVERSE 1968
1968
新品 MGSM-008 1DVD-R PRO-SHOT 121MIN ¥2800
ホワイトアルバムをリリースした過渡期のビートルズに興味は
尽きないがそんな1968年の彼等を121分にわたり膨大な
インタビュー、貴重なプライベート映像を交え編集した映像集。


PAUL McCARTNEY / BLOCKBUSTER PAVILION 1993
McCARTNEY
新品 MGSM-010 1DVD-R PRO-SHOT 118MIN ¥2800
1993/6/15のライヴを全編高画質プロショットにて収録。
EXアヴェレージ・ホワイト・バンドのメンバー等強力ラインナップ
をバックにビートルズナンバーもふんだんに楽しめる全25曲。


PUBLIC IMAGE LIMITED / MEMORIES 1983
PIL
新品 CLM-005 1DVD-R PRO-SHOT 60MIN ¥2800
1983/10/31 ZECHE-BOCHUM DEUTSCHLAND
ドイツTV ロックパラストより完全プロショット。
ピストルズ解散後、対極的オルタナティヴサウンドで
シーンをリードしたPILのライヴはこの時期以降
時代と迎合して求心力を失ってしまうだけに
尖っていたジョンライドンの最後の勇姿といえるだろう。


今月の新入荷CD


THE POLICE / NEXT TO 2008
NEXT
新品 US-022/23 2CD-R AUDIENCE-RECORDING ¥3480
再結成ワールドツアーの日本公演初日、
2008/2/10大阪 京セラドームでのライヴを高音質オーディエンス
にて完全収録。20数年を経た感慨も吹き飛ぶ現役バリバリの
パワフルなステージはのっけからエンジン全開、
オーディエンスも盛り上がりも熱狂的で興奮しっぱなしの初日である。


THE POLICE / DRIVIN TO TOKYO
DRIVIN
新品 US-024/025 2CD-R AUDIENCE-RECORDING ¥3480
2008/2/14 TOKYO DOME
'81の来日を観た僕ですがほんとパワーが全然落ちていないのに
驚く。そしてほとんどアレンジを変えることなくプレイされるナンバーが
まったく色褪せていないのは当時からあらゆる音楽要素を飲み込んで
作り出された彼等の音楽が時代を超えて普遍であることを証明している。
各パートもクリアに録れていて当日の最高のドキュメントとして申し分ない
出来。


THE METERS & THE JB HORNS / FUNKY GERMANY 1991
METERS&JBHORNS
新品 JRM-057 3CD-R STEREO-SOUNDBOARD ¥5480
1991/12/07 MENSA GERMANY
ニューオリンズファンクの雄ミーターズと元祖ファンクJB HORNSが
夢の共演を果たしたよだれもののライヴを極上サウンドボード、
3CDに収録した贅沢極まりないアイテム。
JBナンバーとミーターズナンバーが入り乱れファンキーなリズムと
切れ味のいいホーンが実に心地よい。


THE METERS / IN BOSTON
IN BOSTON
新品 JRM-065 1CD-R STEREO-SOUNDBOARD ¥2500
1978/11/21 PAUL'S MALL BOSTON
CDのクレジットは1978年になっているがバンドは1977年に解散し
1978年にはネヴィルブラザーズが結成されてるので多分'77の
ライヴではないか?
バンド末期ではあるがその演奏によどみなく存分にミーターズファンクを
堪能できる。



ZAPPA PLAYS ZAPPA / BLITZ 2008
ZAPPA
新品 US-018~020 3CD-R AUDIENCE-RECORDING ¥4380
2008/01/23横浜BLITZ
'06よりスタートした息子ドゥイジール・ザッパによるトリビュートイヴェント
ZAPPA PLAYS ZAPPAは年を追うごとに評判が高まり昨年はかなり
話題となったが遂に来日公演が実現。
ドゥーワップ、R&B、ブルース、ジャズ、現代音楽など様々な音楽要素が
散りばめられたザッパナンバーを優れた構成力と高度なテクニックで
アピールするとともにスリリングなインプロヴィゼイションはもちろん最大の
聞き所。ゲストのスティーヴ・ヴァィを迎えた後半にご期待ください。



RAGE AGAINST THE MACHINE / WAKE UP MESSE
RAGE
新品 US-021 1CD-R AUDIENCE-RECORDING ¥2500
2008/02/09 幕張メッセ 再結成しての待望の来日。
オリジナルメンバーに戻り重厚かつへヴィーなサウンドと
鋭いラップが交差するステージにオーディエンスの熱狂ぶりが
また熱い!トム・モレノのギタープレイにはいつも煽られる。



SHERYL CROW / BBC FEBRUARY 2008
CROW
新品 BSR-039 1CD-R STEREO-SOUNDBOARD ¥2500
2008/02/13 BBC RADIO THEATRE LONDON UK
今年の1月に2年半ぶりのアルバムDETOURSをリリースしたばかりの
彼女の2月にやったばかりの超ホットなライヴが届いた。
新作からシングルカットされたSHINE OVER BABYLON、
LOVE IS FREE、OUT OUR HEADS
を披露する他お馴染みのヒットナンバーをアットホームな雰囲気の中で
聞かせてくれる。



BOZ SCAGGS / ROXY 1976
ROXY
新品 SMA-004 1CD-R STEREO-SOUNDBOARD ¥2500
1976/04/07 ROXY L.A CALIFORNIA
ソロに転向後、ブルース、カントリー、R&Bベースの粘っこい良盤
を作り続けながらヒットに結びつかなかったボズの転機は
やはりSILK DEGREES。
これ以降彼は時代に乗ったROCK&POP SOUNDで
AORを代表するアーティストとなるわけだが
SILK DEGREESに伴うツアー時のライヴが今回登場。
これは素晴らしい!!
1曲目のLOWDOWNのファンキーでタイトなサウンドがそれを物語る。
シンプルなシャッフルビートが心地良い。
ボズが培ってきた音楽ベースがうまくミックスされ
後のロックテイストの効いた演奏より数段魅力的だ。
全編で響くホーンセクション、コーラスとも力強く
勢いに乗って歌うボズがなんともセクシーでかっこいい。
今月の一押し!!!



BOZ SCAGGS / LIVE IN JAPAN 1985
1985
新品 SMA-003 1CD-R STEREO-SOUNDBOARD ¥2500
1985/03/15 BUDOKAN TOKYO JAPAN
ベタ褒めの'76ROXYのライヴの次に紹介するのが'85の武道館。
前述通りSILK DEGREESを皮切りにDOWN TWO THEN LEFT、
MIDDLE MANを立て続けにヒットさせすっかり人気アーティストとして
認知された時期で精錬されたロックサウンドに乗って
アダルティなヴォーカルを聞かせている。
音の方は極上のサウンドボード。



SUEDE / GENERATION 1994
SUEDE
新品 NM-006 1CD-R STEREO-SOUNDBOARD ¥2200
1994/02/11 BLACKPOOL TOWER BALLROOM
2ND DOGMAN STAR 録音中に初代ギタリスト、バーナード・バトラー
が脱退、新人リチャード・オークスを迎えて行なわれたライヴを
FMブロードキャストソースより収録。
初期の彼等のサウンドが堪能できる定番アイテム。



EMERSON LAKE & PALMER / WHEELING & MEMPHIS
ELP
新品 BSR-035~038 4CD-R STEREO-SOUNDBOARD ¥4680
DISC ONE & TWO
1977/11/18 EARLY SHOW WHEELING CIVIC SENTER WHEELING WV
DISC THREE & FOUR
1977/11/20 LATE SHOW MID SOUTH COLISEUM MEMPHIS TN
各人のソロ作を中心に作られたWORKSをリリースした時期で
バンドとしては混迷期にあたる'77のライヴ。
ここではデビューアルバムから恐怖の頭脳改革まで万遍なく
セレクトしたセットリストで音は全編にわたりオフィシャル級のサウンドボード。




DISCHARGE / WHAT
DISCHARGE
新品 NM-007 1CD-R AUDIENCE-RECORDING ¥22001980/10/28 LONDON UK
UK HARDCOREを代表するアルバム、WHY、
HAER NOTHINGSEE NOTHING SAY NOTHINGをリリースする前、
4枚の7インチを出した'80の最も初期のライヴ。
PUNK NEW-WAVEが時代と迎合する中、初期のパンクスピリットを
求めて粗野でスピーディな攻撃的サウンドを撒き散らした彼等の
荒々しいライヴは当時のロンドンパンクシーンの生々しいドキュメントだ。


















       







































































スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やってもた!!

ココで中でしてしもたぁーー!
大丈夫かなぁ!!??(;><)→http://lppulu.net/seiyokku/s/59h71/