2013/06/22 新入荷
EP
BEATLES THE / SOMETHING 国内 ¥500
BEATLES THE / TICKET TO RIDE 国内 ¥500 *ODEON OR-1261 **スリキズあり
BACCARA / PARLEZ-VOUZ FRANCAIS? 誘惑のフランセ 国内 ¥300
GLORIA GAYNER / I WILL SURVIVE 恋のサバイバル 国内 ¥300
MANHATTAN TRANSFER / TWIRIGHT ZONE 国内 ¥300 
MANHATTAN TRANSFER / AMERICAN POP 国内 ¥300
NICOLETTE LARSON / I ONLY WANT BE WITH YOU 国内 ¥300 
TEARS FOR FEARS / EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD 国内 ¥300
サントラ BONNIE TYLER / HOLDING OUT FOR A HERO 国内 ¥400 *FOOT LOSE  
BONNIE TYLER / サヨナラTOKYO 国内 ¥400 
BONNIE TYLER / TOTAL ECLIPSE OF THE HEART 愛のかげり 国内 ¥400 
BONNIE TYLER / GOODBYE ISLAND 国内 ¥400 
BONNIE TYLER / LUISIANA RAIN 国内 ¥400
OLIVIA NEWTON-JOHN / PHYSICAL 国内 ¥400
OLIVIA NEWTON-JOHN / MAKE A MOVE ON ME 国内 ¥400
SHEENA EASTON / A LITTLE TENDERNESS 国内 ¥400 
SHEENA EASTON / MACHINERY 国内 ¥400
サントラ LA BOUM RICHARD SANDERSON / REALITY 愛のファンタジー 国内 ¥400
DUAN DURAN / IS THERE SOMETHING I SHOULD KNOW? プリーズテルミーナウ 国内 ¥300
DUAN DURAN / THE WILD BOYS 国内 ¥300
DUAN DURAN / UNION OF THE SNAKE 国内 ¥300
岡田有希子 / 恋ははじめて 国内 ¥600
小泉今日子 / 夜明けのMEW 国内 ¥300
ジャッキー吉川とブルー・コメッツ 国内 ¥400
郷ひろみ 樹木希林 / 林檎殺人事件 国内 ¥300
種ともこ / AIAI 国内 ¥300
岩崎良美 / 愛してモナムール 国内 ¥300
大場久美子 / フルーツ詩集 国内 ¥400 
サディスティック・ミカ・バンド SADISTIC MIKA BAND / サイクリングブギ 国内 ¥800




★70S IDOL NOW
今日は70年代~80年代に一世を風靡した
女性ロック&ポップ・シンガー、ヴォーカリストの
“今”を見てみました。


◎SYLVIE VALTAN 1944.8.15生まれ 68歳
silvie3silvie4
60年初頭からフレンチ・ポップ・アイドルとしてヒット曲を連発。
1970年代にはダンスを取り入れたダイナミックなステージを確立。
2000年以降もコンスタントに新譜をリリースし、その都度新しいコンセプトで
ステージを披露し続ける真のエンターティナー。
女版ミックジャガーと言ってもいいだろう。
今年来日している。
*ちょっと阿佐ヶ谷の暖流の大ママを思い出して恐い。
現役バリバリすぎ




CHRISSIE HYNDE 1951.9.7生まれ 62歳
Chrissie+Hyndechrissie2
NMEの音楽ライターを経て78年、プリテンダーズでデビュー、
ヒットを放つもメンバーの死や脱退騒動と紆余曲折を経験するが、
その後も人気を保ち、現在も活動。
若い女性ロッカーからも
姉御として慕われ、単独で数多くのイヴェントに出演。
*デビュー当時からのスタイルを貫いていて、
体型も変わっていないが、ちょい不気味、キモイ。
幽霊城のドボチョン一家といったところ。
年は隠せないもの、まあ己もだが。





DEBORAH HARRY 1945.7.1生まれ 67歳
deborah5deborah2
いくつかのバンドを経て76年、BLONDIEを結成。
パンクのアイドルから80年代には、ソロでも
世界的大ヒットを生み、よりグローバルな存在に。
ブロンディは82年に解散するが、97年再結成、
現在も活躍中。
*全盛期の毒のある美貌は俺にとってのパンクのステイタス。
今は没落貴族の老女のようになってしまったが妖気は失っていない。




CHRISTINE McVIE 1943.7.12生まれ 69歳
Christine2christine1
1960年代からブルースバンド、チッキンシャックに参加。
その後、フリードウッドマックに加入、
メイン・ヴォーカル、ソングライティング、キーボードを担当。
ブルースベースのサウンドからポップ路線に
転じ、1977年の“Rumours”は全世界で1,700万枚といわれる
史上空前のセールスを記録、1970年代を代表するロックバンドとなる。
マックは解散、再結成と多くのバンドと同じ道を歩むが、
クリスティンは1998年に引退。
*彼女は美人ではなかったがハスキーヴォイスと相まって
ブルースもこなせる玄人肌で今でも大ファンである。
しかし引退後は枯れ過ぎて妙に痛々しい。



LINDA RONSTADT 1946.7.15生まれ 66歳
LINDA4LINDA1
1967年ストーン・ポニーズのボーカルとしてデビュー、
1969年ソロ、新進気鋭のソングライターの作品を歌い、
バックはイーグルスが担当。
ロックでも軽々歌いこなせる圧倒的な声量とキュートな魅力で
すぐさま人気が爆発、80年代初頭までトップアイドルの座をキープ。
その後、自身のルーツに立ち返ったアルバムやプロデュースなど
地道な音楽活動にシフトチェンジした感あり。
*う~ん、ショック、ちょっと言葉を失いますね。
70年代の健康美の代表のような彼女からは想像もできませんが、
なんか素直な生き方しているようで、
シルヴィーとどっちがお友達になりたいか?
って言われたらリンダにしときます。







RICKIE LEE JONES 1954.11.8 58歳
rickie2rickie1
思春期に酒、麻薬に溺れ、妊娠中絶を経験するなど荒れた生活を送り、
家出して全米各地を放浪する。
トム・ウェイツと同棲、自作のEASY MONEYがリトルフィートに取り上げられ、
デビューのきっかけをつかむ。
1979年、デビューアルバム“RICKIE LEE JONES”がグラミー賞最優秀新人賞を受賞。
以後、フォーク、ブルース、ジャズなどがミックスされた独特の
サウンドと気だるいヴォーカルでマイペースな活動を続ける。
*いわゆるショービジネスの世界の人ではないので、
他の人たちと比べ難い。
肉は付いたが、以前と変わらぬボヘミアンな個性で、
変わらない音楽を届けてくれています。




BONNIE TYLER 1951.6.8生まれ 62歳
bonnie2bonnie1
イギリス、ウェールズ出身。
10年間、泣かず飛ばずのローカルシンガー時代を送る。
ポリープを切除する手術後、完治せぬまま声を出して
あのかすれ声となってしまうが、災い福に転じ、
1978年、“IT'S A HEARTACHE”が大ヒット、女ロッドの異名を取る。
1984年、映画FOOTLOSEのサントラに収められた“HOLDING OUT OF A HERO”
全世界で大ヒット、女性ヴォーカリストとして不動の地位を獲得。
90年代以降、ロックからソフトポップ路線に転じ、現在も
ヨーロッパで絶大な人気を誇る。
*元々それほど好きでもないけど、やっぱ苦労してるんだな。
しかし白人は年かさが増すとヴォリュームが出るね。
俺には“八代亜紀は今でも元気”的な存在。
俺も声つぶすかな?





特別ゲスト
たかの友梨 1948.1.22生まれ 65歳
takano1
新潟県南魚沼郡湯沢町出身。
1972年、自身のニキビに悩み、エステティック技術を学ぶためフランス留学。
1978年、たかの友梨ビューティクリニックを設立。
エステ業界の草分け的存在として世界中からエステティック技術を取り入れ、
現在も活躍中。
*感想はありません。ジョークです。




★年を重ねることは意味のあることだと
年を取ると感じられるようになります。
生き様が表情に出ますね。
負けずに頑張りましょう。
今度は男編でもやりますか?







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ドボチョン一家…(笑)

感想をいただき、ありがとうございます。またのぞいてください。