2013/08/18 新入荷
BILL HALEY AND HIS COMETS / ROCK AROUND THE CLOCK 輸入 ¥500
DEEP PURPLE / BLACK NIGHT 国内 ¥600
EAGLES / PLEASE COME HOME TO CHRISTMAS 輸入 ¥800
JOAN BAEZ / WE SHALL OVERCOME 国内 ¥400
加藤登紀子 / 少年は街を出る 国内 ¥400
テレサ・テン / つぐない 国内 ¥400
浅野ゆう子 / サマーチャンピオン 国内 ¥500
伊東ゆかり / エンドレス 国内 ¥400
かまやつひろし / 我が良き友よ 国内 ¥500
竹内まりや / 不思議なピーチパイ 国内 ¥500
萩原健一 / 大阪で生まれた女 国内 ¥400
サントラ ハーイ!生徒諸君!国内 ¥400 *SAMPLE
映画音楽 ASTRONOUTS THE / 007 GOLDFINGER 国内 ¥600
映画雑誌付録 アランドロン&ナタリードロン ¥100 *ソノシート
テレビ-CM / LIPTON LOVERS 国内 ¥300







LP
PAT METHENY / AMERICAN GARAGE 国内 B ¥980
THELONIOUS MONK / THELONIOUS HIMSELF 国内 B ¥980
PRIMAL SCREAM / KOWALSKI 輸入 B ¥600
DAVE MASON / MARIPOSA DE ORE 輸入 B ¥580
ROY BUCHANAN / YOU'RE NOT ALONE 国内 帯 A ¥840
PRETTY THINGS / SILK TORPEDO 国内 B ¥780 *SAMPLE
BRUCE HAACK / REMIXES 輸入 B ¥580 *PEANUT BUTTER WOLF
TRAFFIC / CAN / BLIND FAITH / SAFE 輸入 B ¥780






★★★特集:2013世界陸上男子マラソン ①
marathon1


昨日は世界陸上の男子マラソン、生で見たさに
早引きしました。
低迷の続く男子マラソン、
今回は5選手を送り出した日本ということで、
最近マラソンから遠ざかっていたので、
是非、今、世界と日本の距離がどのくらいあるのか?
見ておきたいレースである。

優勝有力候補は、
ロンドン五輪の金メダリストであるスティーブン・キプロティク(ウガンダ)2時間7分20秒、
2013ロンドンマラソン優勝者、ツェガエ・ケベデ(エチオピア)2時間4分38秒、
2013年ボストンマラソン優勝者レリサ・デシサ(エチオピア)2時間4分45秒、
2011年世界選手権銅メダリストで2012年シカゴマラソン2位のフェイサ・リレサ(エチオピア)2時間4分52秒  12.10.07 シカゴ2位



そして現時点での
世界歴代10傑男子
位 タイム 氏名 所属 大会 日付
1 2時間03分38秒 パトリック・マカウ ケニア ベルリン 2011年9月25日
2 2時間03分42秒 ウィルソン・キプサング・キプロティチ ケニア フランクフルト 2011年10月30日
3 2時間03分59秒 ハイレ・ゲブレセラシェ エチオピア ベルリン 2008年9月28日
4 2時間04分15秒 ジョフリー・ムタイ ケニア ベルリン 2012年9月30日
5 2時間04分16秒 デニス・キプルト・キメット ケニア ベルリン 2012年9月30日
6 2時間04分23秒 アエレ・アブシェロ エチオピア ドバイ 2012年1月27日
7 2時間04分27秒 ダンカン・キベト(英語版) ケニア ロッテルダム 2009年4月5日
ジェームス・キプサング・クワンバイ ケニア ロッテルダム 2009年4月5日
9 2時間04分38秒 ツェガエ・ケベデ エチオピア シカゴ 2012年10月7日
10 2時間04分40秒 エマニュエル・ムタイ ケニア ロンドン 2011年4月17日


なんと10人中7人がケニア人、
あと3人がエチオピア人、
つまり、全てアフリカ系黒人、
2時間3分台3人、、2時間4分台7人、
デシサ、リレサは2時間4分台でもすでに世界歴代10傑に入れない
恐ろしいスピード化が進んでいる。




一方
今回参加の日本人選手のタイムは、

2時間8分00秒 前田和浩(九電工)-東京マラソン日本人1位 
2時間8分15秒 川内優輝(埼玉県庁)-別府大分毎日マラソン日本人1位 
2時間8分24秒 堀端宏行(旭化成)-福岡国際マラソン日本人1位 
2時間8分35秒 中本健太郎(安川電機)-別府大分毎日マラソン日本人2位 
2時間8分51秒 藤原正和(HONDA)-びわ湖毎日マラソン日本人1位 


全員2時間8分台と
タイム的には世界というか、アフリカ勢との差は歴然だが、
レースはタイムが全てではない。




ただ、近年はケニア、エチオピア等アフリカ勢が
先頭集団を形成、20kmを過ぎると、お互いがけん制し合いながら
果敢にチェンジオブペース(スピードに緩急をつけ、上げ下げすること)を仕掛けてくる。
結局これに付き合うと自ら自滅して後退していく。
最後はこのアフリカ勢がメダルを独占というレースも希ではない。
白人、黄色人ではもはや太刀打ち出来ないのが現状である。









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント