キースがヤバイ、ドーム初日

ドーム初日、さすがに
今回はドーム公演3回ということで
大入り満員であってようだが、
ミック・ジャガーの相変わらずの元気ぶりとは
正反対にキースの不調、衰えが顕著で
痛々しいという声が漏れてくる。
最初に感想をもらった旧友、菅野女史によれば
『キースがほとんど動かなかった、さみしいというか心配です・・・』
とメールが来た。
さらにそのあと
『・・・そしてキース。さっき飲み屋でもその話題でしたが、
アルツハイマーか、うつ病か、花粉症になって薬飲んでぼーっっとしたか、
とにかく生気が全くなくて、心配です・・・』
というなんともショッキングなメールが帰って来た。
そこで一応ギターは弾けているか?ということを確認してみたが、
間違ってやり直したりはあったが、ギターは一応弾いているという
答えが返ってきた。
ユーチューブで何曲か確認したところ、
まあ弾いてるみたい。
で、今度はミュージシャンサイドに確認しようということで
志磨遼平にメール、キースの件を質してみると
翌日の返事が
『昨日いってきました!!!
うわさは本当です!
まったく弾けてなかった・・・
ほとんど無表情でした・・・・』
これはもうヤバイっていうか
来るとこまで来たって感じ。
さらにヨーロピアンパパにて
昨日行って来たって50前後の
お客さんにもすかさず聞いてみた。
『たしかに元気なかったな、元気ならコレが出るはずだ』
コレとはキースがゴキゲンな時、
両の拳で胸を叩いてオーディエンスに
アピールする得意のポーズである。
なるほど、一理ある。
KEITH20141

昨日は来日アーティスト特集のコーナー作り
しながら立花君とずっとその話して
来週一緒に行くシゲにもメール打った。
実は日本に来る前は、
2/21にアラブ首長国連邦のアブダビで
ライヴやってるんで
今日はその時の映像を確認してみた。

コンサートの中盤、
バンド紹介の最後にキースが紹介されて
キースコーナーになるのは
1972年のノースアメリカンツアー以来
ずっと続くコンサートの言わばハイライトに
なるわけだけど

ドーム初日、
キースナンバー、SLIPPING AWAYでは
演奏が始まっても歌い出しで
歌えなくって
自分でストップかけて
一旦演奏を中断して
失笑をかいながらやり直す。
まあ72年以降のツアーってやつは、
けっこうそういうのもあったから
『ストーンズのツアー初日は絶対面白いから
ブート買え』は俺の格言ですが、
まあしょうがねえなあと思ってたんだけど

アブダビの映像見たら
ここでも歌えなくて
やり直し、
おんなじことやってる、
これはもうぼけている以外の何者でもない。
ヤバイっしょ、
複雑ではある、いろんな意味で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント