FC2ブログ

2014/07/16 新入荷  +冷やしラーメン

2014/07/16 新入荷
VINTAGE SOUL '7
BOBBY ADAMS / GO ON BACK TO GEORGIA 輸入 A ¥580 *1970 HT-107
BEVERLY BROWN / DON'T BREAK MY HEART 輸入 B ¥980 *BRIMCO-100 スリキズ
ULTIMATE TRUTH THE / I'VE GOT THAT LOVIN' FEELIN' 輸入 B ¥1500 *JC-300
EDDIE "BUSTER"FOREHAND / YOUNG BOY BLUES 輸入 B ¥780 *JOSIE 993
OSCAR WEATHERS / THE SPOILER 輸入 B ¥980 *TOP AND BOTTOM 405
REUBEN BELL / LEAVE MY KITTEN ALONE 輸入 A' ¥1800
VIKI ADAMS / I'M DROWNING 輸入 A ¥2500 *'69 NASHVILLE ST-244







★最近は頓に忙しくてブログで無駄口をたたく暇がない。
今日は午前中、阿佐ヶ谷にぬか漬けを買いに行く途中、
冷やし煮干しラーメンの文字が真に目に留まり、
途中下車。
いまどきのつけ麺などを扱う店である。
名は伏せる。

禪
大盛を頼んだので写真よりワイルド、
白髪ねぎ、水菜、トマト、メンマ、鶏チャーシュー2枚、
わかめ、海苔の上にわさび、煮玉子半分、
どんぶりの円周上、チャーシューの上に
刻んだレモン、と具材は豪華で、
麺は隠れている。
下から麺を盛り返すと
トマトが飛び出した。
こうした具材豪華な彩りを提供したいなら
どんぶりを思いっきり大きなものにすることだ。


麺は細麺でシャキッとした歯ごたえがあり、
啜り込みを楽しみながら食べる自分にはいい感じ。
しかし、刻んだレモンが口の中に入ってきて
スープが煮干しベースなので??
柑橘類をラーメンに入れるのは俺は苦手である。
ゆずもしかり。
新しい創作ラーメン、
とりわけ具材が多いラーメンを作る時には、
余程の熟慮とあらゆる側面から綿密な、
限りない回数の試作、試食がおこなわれるべきである。
古いラーメン屋のラーメンには必ず安心出来る、
暗黙の不文律が存在する。
それは長いキャリアとお客さんの舌によって
出来上がった独自のバランスである。
店主の好み、客の好み、地域性、
そういったものが混然一体となって
全体がひとつにまとまっている。


しかし料理のノウハウを足し引きして
作った1980年代以降のラーメン文化には
それがない。



いまどきのラーメン屋は結局そのレベルまで達する前に
潰れてしまうケースが多い。
まるで何か新しい発明でもしたかのように
奇をてらった料理を作って
もてはやされれば天狗になり、
チェーン展開を目論み、
厨房にすら立とうとしない。
そんな奴にラーメン屋をやる資格はないが、
俺がガタガタ言わなくとも
そういう店は自然淘汰されていくのだ。
2001年以降、開業したラーメン屋で
現在も開店当初のポリシーに従い、
堅実にラーメンを提供している店が
一体どれだけあるだろうか?


それでこの冷やしラーメンである、
それぞれ、おいしい部分はあるが
まったくもってバランスが悪い。
率直にいうとまだお客に出せるレベルではないと思う。


最後に残ったぬるいスープを啜ったのだが、
レモンの酸味と煮干しの苦味の融合はどう味わっても
旨いという言葉は見当たらなかった。



でもだからもう行かないというわけではない。
ラーメンはお客さんに磨かれて
試行錯誤してうまくなる。
新しい店が出来て
うまい、まずい、それで終わりではなくて
長く付き合ってこそおいしい、安心できる味に出会えるのだ。


暑い夏にしょっぱいスープの冷やしラーメンが食べれるのはありがたい。
次回に期待しよう。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント