2015/06/12 今日のオープニング

今日のオープニングは
昨日亡くなったオーネット・コールマンを偲んで
ORNETTE COLEMAN / AN EVENING WITH ORNETTE COLEMAN 〈1〉
オーネット・コールマン / クロイドン・コンサート 第1集
ORNETTE1

A面は、
FLUTE,CLARINET,OBOE,BASSON,HORNによる
ヴァ―チュオーゾ・アンサンブル
B面は、
オーネットのALTO SAX,TRUMPET,VIOLINに
BASS,DRUMのトリオ
こう言うと故人に失礼になるのだが、
私にとっては退屈に感じる部分が多い。
とりわけA面の『木管五重奏のためのサウンズ・アンド・フォームス』
展開のない楽器の絡み合いに
いくらライナーノートで音楽理論を持ち出して
理屈をこねられても聞く耳を持たないなあ、俺は。
B面はトリオということで
怪しげなムードで貫かれたSADNESS、
リズムが加わってアルトのソロが展開するが、
ここでまたしてもライナーを読むと
転調や最後のテーマのリフレインについて
解説しているのだが、幼稚過ぎる。
このライナーを読む限り、
この主筆者はオーネットを理解していないと思う。
俺が言いたいのは、
結局オーネットは前衛ジャズの革新者ってことで
祭り上げられてるけど、
本当にその本質を掘り下げて
彼の仕事に対して正当な位置づけが
日本のジャズ・ジャーナリズムでは出来ていないと思うわけだ。
あまり追悼になってなくてすみません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント