2015/06/18 今日のオープニング

2015/06/18
今日のオープニングは
BOB DYLAN / WORLD GONE WRONG
世の中が悪くなっていく
DYLAN3


おいらはこのアルバムの邦題の『奇妙な世界に』が気にいらない
『世の中が悪くなっていく』とそのまま訳す
WORLD GONE WRONG の初めの一節に
Strange thingsとあるからなのか?
この能天気な帯のコピーはどうだ?
アコギとハーモニカで初期のディラン・ファンも
気に入りますよ、とでもいいたいのだろう

レコード会社のバカどもは時代と歌をシンクロさせるより
売上をあげることしか考えない
奇妙な世界ではなくて
救いようのない世の中である
救いようのない世の中といやあ
その4年後
1997年、山一証券の
不正会計(損失隠し)事件後の経営破綻による廃業
これ以降人は物として扱われ
救いようのない世の中になった

ちっともうまくいかないし
気分は最悪
みんなこの世の中が悪いのさ・・・(WORLD GONE WRONG)


世知辛い世の中を憂いて歌われるこのブルースこそ
今聞かれるべき歌さ


93年にリリースされたこのアルバムには
歌詞も対訳も付いていない
全曲、戦前のブルースやトラディショナル・フォーク、
英国産トラッドのカヴァー。
極めて悲痛で奥深いダークな人間模様が展開する歌ばかりだが
語り部ディランの歌声は飄々としている。。
それはそのまま、戦争に突き進もうとしている
日本の"今"の中で聴いてこそ十分な説得力があるというものだ。
ある意味、ディランの真骨頂。


①世の中が悪くなっていく - World Gone Wrong ? 3:57
作詞・作曲:ミシシッピ・シークス Mississippi Sheiks


② ラヴ・ヘンリー - Love Henry ? 4:24

③ ラグド&ダーティ - Ragged & Dirty ? 4:09

④ブラッド・イン・マイ・アイズ - Blood in My Eyes ? 5:04
作詞・作曲:ミシシッピ・シークス Mississippi Sheiks

⑤ 壊れた機関車 - Broke Down Engine ? 3:22
作詞・作曲:ブラインド・ウィリー・マクテル Blind Willie McTell

⑥デリア - Delia ? 5:41
    作詞・作曲:ブラインド・ウィリー・マクテル Delia
? スタッカ・リー - Stack a Lee ? 3:50
編曲:フランク・ハチソンFrank Hutchison

⑧二人の兵士 - Two Soldiers ? 5:45

⑨ジャッカ・ロウ - Jack-A-Roe ? 4:56

⑩孤独な巡礼 - Lone Pilgrim ? 2:43
作詞・作曲: B.F. White 、 Adgar M. Pace

★特記なき楽曲はトラディショナル、編曲: ボブ・ディラン


①WORLD GONE WRONG   by  Mississippi Sheiks
世の中が悪くなっていく

Strange things have happened
That never before
My baby told me
I would have to go

I can't be good no more
Once like I did before
I can't be good, baby
Honey, because the world's gone wrong

Feel bad this mornin'
Ain't got no home
No use a-worryin'
'Cause the world gone wrong

I can't be good no more
Once like I did before
I can't be good, baby
Honey, because the world's gone wrong

I told you, baby
Right to your head
If I did leave ya, I would
Have to kill you dead

I can't be good no more
Once like I did before
I can't be good, baby
Honey, because the world's gone wrong

I tried to be lovin'
And treat you mine
But it seems that now, right
Got no love in mind

I can't be good no more
Once like I did before
I can't be good, baby
Honey, because the world's gone wrong

If you have a woman
And she don't be kind
Pray to the good Lord, to
Get her off your mind

I can't be good no more
Once like I did before
I can't be good, baby
Honey, because the world's gone wrong

Then, when you've been good, now
Can't do no more
Just tell her kindly
There is the front door

I can't be good no more
Once like I did before
I can't be good, baby
Honey, because the world's gone wrong

Pack up my suitcase
Give me my hat
No use to ask me, babe because
I'll never be back

I can't be good no more
Once like I did before
I can't be good, baby
Honey because the world's gone wrong.




⑥ Delia  射殺された少女ーデリア    by Blind Willie McTell


Delia was a gamblin',
Gambled all around.
Delia was a gamblin' girl,
she laid her money down.
She's all I got, and it's gone.

Delia's dear mother
took a trip out west,
when she returned,
little Delia had gone to rest.
She's all I got, and it's gone

Delia's mother weeps,
Delia's father mourns,
wouldn't have hit so bad
if our child had died at home.
She's all I got and it's gone.

Delia, Delia, how can it be?
Say you love them rounders, and don't love me.
She's all I got, and it's gone.

Cutty keepin' in my room,
drinkin' it out a silver cup.
Delia she's in the graveyard,
may not never wake up.
She's all I got, and it's gone.

Rubber-tire buggy, double-seated hack,
Taken Delia to the cemetery,
but failed to bring her back.
She's all I got, and it's gone.

Delia, Delia.
Poor girl, she's gone.
With all I hate, she done left me all alone.
She's all I got; it's gone.

Sheriff said to Curtis,
"what that stuff's about?"
on account o' those gamblin's
they tryin' to drive me out.
She's all I got; it's gone

Curtis went to Church,
what may be more fine?
I done told you, poor boy
you gotta learn and learn.

Up on the house-top,
high above the sea,
lookin' at those those rounders,
lookin' up to me.

Kenny lookin' high, Kenny lookin' low,
Shot poor Delia down with that hated.44


★ディラン・ヴァージョンの歌詞

Delia was a gambling girl, gambled all around,
Delia was a gambling girl, she laid her money down.
All the friends I ever had are gone.

Delia's dear ol' mother took a trip out West,
When she returned, little Delia gone to rest.
All the friends I ever had are gone.

Delia's daddy weeped, Delia's momma moaned,
Wouldn't have been so bad if the poor girl died at home.
All the friends I ever had are gone.

Curtis' looking high, Curtis' looking low,
He shot poor Delia down with a cruel forty-four.
All the friends I ever had are gone.

High up on the housetops, high as I can see,
Looking for them rounders, looking out for me.
All the friends I ever had are gone.

Men in Atlanta, tryin' to pass for white,
Delia's in the graveyard, boys, six feet out of sight.
All the friends I ever had are gone.

Judge says to Curtis, "What's this noise about?"
"All about them rounders, Judge, tryin' to cut me out."
All the friends I ever had are gone.

Curtis said to the judge, "What might be my fine?"
Judge says, "Poor boy, you got ninety-nine."
All the friends I ever had are gone.

Curtis' in the jail house, drinking from an old tin cup,
Delia's in the graveyard, she ain't gettin' up.
All the friends I ever had are gone.

Delia, oh Delia, how can it be?
You loved all them rounders, never did love me.
All the friends I ever had are gone.

Delia, oh Delia, how can it be?
You wanted all them rounders, never had time for me.
All the friends I ever had are gone.


ディラン・ヴァージョンは
All the friends I ever had are gone
友達はみんないなくなってしまった
のくり返しが心に響く


歌の背景は1900年に起こった実在の射殺事件であるようだ
inspiration for this song is Delia Green,
who was shot and killed by 15-year-old Mose (or Moses) Houston late on Christmas Eve,
1900, in the Yamacraw neighborhood of Savannah GA,
like it was published in contemporaneous reports in Georgia newspapers.
Read more at Wikipedia. The name of the murderer is different in the songs, Curtis, Tony...


うまく訳せないのだけれど
胸の詰まる思いがする歌である
人間が人間扱いされない時代
それは残念ながら今も昔も変わらないし
さらに悪化しようとしているのだ



◆資料

●Nobody Sings Dylan Like Dylan
DYLAN1
Good as I Been to You
World Gone Wrong
で取り上げた楽曲のオリジナルを
全曲収録している。
聞いてみる価値があるだろう。


●ANTHOLOGY OF AMERICAN FOLK MUSIC
DYLAN2
ニューヨークのフォークウェイズ・レコードより発売された
『アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック』(1952)は、
ボブ・ディランを始めとする多くのミュージシャンを触発し、
60年代前半のフォーク・リバイバルに決定的な影響を及ぼした。
1926年から32年にリリースされたレコード84曲を2枚組LP3巻に収録した
このコンピレーションは、ハリー・スミス(Harry Smith)という男によって編纂された。
画家や映像作家として活動しただけでなく、
文化人類学や民族音楽学にも精通し、
錬金術やオカルトにも造詣が深く、
世界各地のストリング・フィギュア(あやとり)や
ウクライナ産のイースター・エッグなどの蒐集家としても知られる人物である。


●Blind Willie McTell
BLINDWILLIE1
1901年5月5日、ジョージア州トムスン生まれ
1959年8月19日、ジョージア州ミレッジヴィルにて死去
ジョージア州アトランタの歌手ブラインド・ウィリー・マクテルは、
ブラインド・サミー、ジョージア・ビル、バレルハウス・サミー、
ピッグン・ホイッスル・レッドなどの変名を使って
いくつものレーベルに録音を残している。
12弦ギターの卓越した演奏ぶり、独特の甘い声で知られ、
有名な自作曲(オールマン・ブラザーズ・バンドがカヴァーした「Statesboro Blues」)、
バラッド(「Delia」)、ラグ、霊歌などを含む多彩なレパートリーを誇っていた。
同エリアのカーリー・ウィーヴァーと長年コンビを組んだ。
ビクターで「Statesboro Blues」「Dark Night Blues」などを録音した彼は、
コロムビア、デッカにもレコーディング。
1940年には国会図書館用録音もした。
アトランティック、リーガルに吹き込んだ後、
1956年、ブルースヴィルに最終レコーディング。
1959年に脳出血で亡くなったが、晩年はほとんど注目されなかった。
ボブ・ディランはこの偉大なブルース歌手に敬意を表し、
「いまブラインド・ウィリー・マクテルのようにブルースを歌える者は誰もいない」と歌った。


●The Mississippi Sheiks
mississippi1
1930年代に活躍した黒人ストリング・バンド。
ボー、ロニー、サムのチャットマン兄弟とウォルター・ヴィンセントの4人構成。
チャットマン一家は奴隷制の時代から音楽で生計を立てていた。
11人いた兄弟は、各人が複数の楽器を演奏することが出来た。
ミシシッピ―・シークスは、1930年からオーケイに、1932年にはパラマウント、
1933年にはコロンビア、1934年から1935年にかけてはブルーバードにと数多くのレコードを残している。

●Frank Hutchison
frank hutchison1
白人マウンテン・ブルース歌手の先駆者。
1891年3月20日にウェスト・ヴァージアナ州ローガン・カウンティで生まれ、
1945年11月9日に死去。
貧しい黒人や白人が働く炭鉱地帯で育った彼は、
7、8歳の頃に黒人ブルースマンが路上で弾くスライド・ギターに魅せられ、
工夫として働きながら、ヒルビリーやブルースを吸収摂取。
初吹き込みは1926年で、
オーケーに「Worried Blues」、「Train That Carried The Girl From Town」の2曲を残す。
引き続き32年までに32曲を吹き込んだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント