魅惑の昭和歌謡 名曲撰 石川さゆり / 朝顔荘アパート


魅惑の昭和歌謡 名曲撰

石川さゆり / 朝顔荘アパート
石川さゆり1


1975年7枚目のシングル
『小さい秘密』のB面に収められた




シベリア・ケーキ あなたが好きで
お風呂の帰りに いつも入った
ミルク・ホール 
内緒で片身の 指輪を売って
あなたの絵具や お米を買った
入谷 朝顔荘 四畳半


よなべで縫った 千鳥格子の
揃いの浴衣で 二人でかけた
朝顔市
いまでもときどき 浴衣を着ては
似合うといわれて 涙が出そう
入谷 朝顔荘 四畳半


田舎の母に 二人のことを
認めてもらうと 冬の初めに
帰ったきり
手紙を出しても 返事がなくて
弾き手がないから ギターも錆びた
入谷 朝顔荘 四畳半

石川さゆり2

◆男は女が負担になっていたのだろうか?
実は良家の出で
画家を目指したものの
元の鞘に収まったのかもしれない


歌い出しのシベリア・ケーキが妙に頭に残る

●シベリアケーキとは
 「シベリアケーキ(略称シベリア)」とは,
羊かんをカステラではさんだ,
和菓子とも洋菓子ともいえないケーキのことである。
シベリア1

大正から昭和初期にかけて,
ミルクホールや町なかのベーカリーで
ハイカラな菓子として人気を博していたが,
ミルクホールの絶滅(?)や,
下町のベーカリーの衰退などにより,
近年ではすっかりその姿を見かけなくなっている。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント