2015/07/17 今日のオープニング


今日のオープニングは
DAVID BOWIE / THE NEXT DAY
BOWIE4

2013年、引退を公言していたボウイが、
10年ぶりに新作をリリース。
徹底した情報管理の元アルバムは制作され、
一切のリークがおこなわれることなく、
前宣伝は一切なく突如リリースされ、
世間を欺いたセールス戦略はボウイ流のご挨拶。
アルバムは各方面で絶賛され、
グラミー、ブリット・アワードほかで
年間最優秀ロックアルバム賞を受賞している。
野心に満ち、明るく、美しくも懐かしい、
幾重にも積み重ねられたそのキャリアが練り上げ、
生み出した2013年のバランス感覚・・・
と評してみるも通して聞くとおいらにはちと退屈かな?
新しい発見がない。
新しい発見を求めてはいけないのかもしれないが、
このアルバムの曲をやってみたいとか、
このアルバムに触発されて
曲を書いたり歌ったりしたいという気分にはならない。
もっと根源的な音楽の魅力について考えてしまう。
評論家のライナーノーツみたいに
何とか辻褄を合わせて
褒め言葉を探す気にはならない。
悲観的な感想になってしまったけど
飽くまで私的なものなので気にしないでください。
ボウイは過去の遺産でツアーをするタイプではないから
新しい意欲があればまたアルバムを出してくれるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント