不死身のタイマーズ

不死身のタイマーズを探している人があとを絶たない。
実は第一部の最後に
こいつのコピーを抽選で配ったんだ。
もちろんあげたの。
俺は亡くなった翌日の店明けに
『ゴミ』からスタート、連休の最中のあずま通りに
やりてえ、やりてえ、生でやりてえや
憧れの北朝鮮が鳴り響いたわけだ。
そんで一部じゃ『ゴミ』と『障害者と健常者』を歌った。
腐ったかたわども(心のかたわ)に向けてさ、
最高のROCK N' ROLL
不死身のタイマーズは俺の日本のROCKのベスト3に燦然と
輝く宝物だ。
FUJIMI

そんな訳で、
先日の
ヨーロピアンパパ プレゼンツ
高円寺・大イマーノキヨシロー祭は
第一部を無事終了、
第二部は九州から来てくれた若い子のバンド、
エレキの弾き語りの海老沼さん、
そしてヘルニアンズ、HOT ROCKSのメンバーのJAM・・・
チャボの今夜はCHECK TONIGHTも飛び出す、
キヨシロー愛に満ちた、飛び切り素敵な時間を過ごしました。
本当に楽しかった。
出演してくれたバンドのみんな、
多摩蘭坂の写真を撮ってくれた熊谷さん、
受付をやってくれた高橋さん、
司会進行を務めてくれた
いちむら&王チャールズさん、
H.Rプロジェクトの菅谷さん、
音響スタッフとして今回は裏に徹してくれた
コーちゃん、北川さん、場所を提供してくれたMAGICさん、
ありがとうございました。

でもって、おいらはまだまだキヨシローを歌いたくって
第二弾もやっちゃおうってことになった。
今度は下北のHERE SCENESってロックバーに河岸を変え、
素人の乱の山下陽光氏をホストにトーク&アコースティック&モア
って感じでリラックスしてやりたい。
もちゲストあり。
ここに胡椒というチョーキャワイイニャンコがいるんで
こっちもお楽しみに。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント