2015/10/15 今日のオープニング



今日のオープニングは
秋ひとみ / さよならファンキー・ボーイ
AKIHITOMI3

アイドル歌手としてデビューするが、
セクシーな肢体とキュートな容貌から
グラビア・アイドルとして人気が出て、
その後はタレントとして活躍。
AKIHITOMI4

AKIHITOMI2


さよならによろしく
サマー・メランコリー
がヒット、
これはそれに次ぐ
5枚目のシングル(1979.11.05) 作詞:竜真知子 作曲:加瀬邦彦 編曲:船山基紀

ディスコ・ビートにシンセ・ドラムが飛び交う
典型的な80Sアイドル・ポップ。

B面 20才のリクエスト 作詞:竜真知子 作曲:加瀬邦彦 編曲:船山基紀
はラテン・ビートをベースに
アダルトな魅力も感じられる佳曲でこっちの方が好きだな。

AKIHITOMI1


6番目のシングル、
哀愁BOY (1980.03.25) 作詞:高梨めぐみ 作曲:高梨めぐみ 編曲:若草恵
のB面が渋い
c/w 折鶴はとべません 作詞:矢玉四郎 作曲:丹羽応樹 編曲:若草恵


折鶴はとべません

私の心を 無理にたたんで
恋という名の鶴を折った人
あなたの指を忘れるために
急いで逃げて来たのです
ラ・・・・・・
飛べません 明日が恐いから
飛べません 愛がまぶしくて
私は一枚の紙に戻ります
あなたの想い出を
包むだけの紙になるのです

私の心を 無理に広げて
恋という名の鶴を裏返す
楽しい夢がみえないように
急いで逃げてきたのです
ラ・・・・・・

★恋愛感情を折鶴にたとえるという
かなり禅問答的な内容だが
あまり飛躍しなくて
ありきたりのラヴ・ソングになっているのが
残念


1982年に“充電”の名目で休養に入ったが、
その後復帰することはなかった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント