2015/10/26 今日のオープニング

本日のオープニングは、
Alice Cooper「Welcome To My Nightmare」
PA260037.jpg


1975年作、通算8作目であり、
このアルバムからオリジナルメンバーでのグループを解散し、
その時の旬なミュージシャンを起用する、
“ALICE COOPER”というソロ・アーティストとしての
キャリアをスタートさせることになる。(このとき本名も改名)

前作「Muscle of Love」が不振に終わってからの大胆な決断。
本作はTV番組「Alice Cooper : The Nightmare」のサントラでもあり、
「悪夢へようこそ」というタイトルが示す通り、
ホラー映画のような不気味なナレーションや効果音を入れた
シアトリカルなコンセプトアルバムとなっている。
alicecooper-thenightmare.jpg


ショック・ロックのビジュアル面での演出強化は見事成功し、
Lou Reedのバックバンドから招いた
Dick WagnerとSteve Hunterのツイン・リード・ギターの働きや、
現在まで多くのアーティストにカバーされているバラード
「Only Women Bleed」のシングルヒットもあって、
アリス・クーパーのイメージ、その後の路線を決定づけた重要な1枚である。
499a92398c493.jpg

ちなみにナレーションを担当したのは「ハエ男の恐怖」で知られる
ホラー界の大スター、ヴィンセント・プライスであり、
彼はのちにマイケル・ジャクソンの「スリラー」でも語りを務めている。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント