2015/11/10 今日のオープニング

今日のオープニングは
THE KING'S SINGERS / THE GOLDEN AGE SIGLO DE ORO
邦題は『スペイン黄金時代』
KINGS2

1968年イギリスで結成されたア・カペラ・グループの草分け。
宗教曲からフォーク、ポピュラー・ミュージックまで幅広く、
現代作品の委嘱にも積極的である。
本作は「黄金時代」と呼ばれた16世紀のポルトガル、
スペイン、メキシコの音楽、旧約聖書の「哀歌」ほか
宗教曲は、その美しく、荘厳な響きが深く心を揺さぶる。
KINGS4

1. 神聖なる十字架よCrux fidelis
ポルトガル王ジョアンIV世 - Joao IV (King of Portugal), (1604-1656)
作詞 : 不詳 - Anonymous


2.ミサ はかりしれない悲しみ Missa Mille regretz
クリストバル・ド・モラレス - Cristobal de Morales (1500-1553)

3.我が竪琴は悲しみに Versa est in luctum
トマス・ルイス・デ・ビクトリア - Tomas Luis de Victoria (1548-1611)
作詞 : 不詳 - Anonymous


4. ピア・エト・ドロローサ・マーテルIn ieiunio et fletu
ディオゴ・ディアス・メルガス - Diogo Dias Melgaz (1638-1700)


5.我が竪琴は悲しみにVersa est in luctum
セバスティアン・デ・ビバンコ - Sebastian de Vivanco (1551-1622)




6.エレミアの哀歌 Lamentations
アロンソ・ローボ - Alonso Lobo (1555-1617)



7.我が竪琴は悲しみに Versa est in luctum
フアン・グティエレス・デ・パディーリャ - Juan Gutierrez de Padilla (1590-1664)
作詞 : 旧約聖書 - Bible - Old Testament


8. 断食し泣きながら Pia et dolorosa mater
ディオゴ・ディアス・メルガス - Diogo Dias Melgaz (1638-1700)


9. 我が竪琴は悲しみに Versa est in luctum
アロンソ・ローボ - Alonso Lobo (1555-1617)
作詞 : 旧約聖書 - Bible - Old Testament

10. 主よ、我を解き放ちたまえ(リベラ・メ) Libera me
アロンソ・ローボ - Alonso Lobo (1555-1617)
作詞 : ミサ典礼文 - Mass Text


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント