2016/03/02 今日のオープニング

今日のオープニングは
DEANA CARTER / THE STORY OF MY LIFE
DEANA5
ディアナ・カーターDeana Carter は、
サイモン&ガーファンクルSIMON & GARFUNKELの
『明日に架ける橋』BRIDGE OVER TROUBLE WATER
『ボクサー』BOXERのギターはつとに有名で、
またデイル・ホーキンスDALE HAWKINS の『スージーQ』SUZIE Qや、
Levon Helm and The RCO All-Starsのメンバーでも著名な
カントリー・ギターの名手であり、シンガーソングライターの
Fred Carter, Jr.の娘であるが、
彼女はすでにナッシュヴィルを代表する
オルタナティヴ・カントリー・シンガーであり、
ソングライター&プロデューサーでもある。
deana4
抜群のメロディ・センスは親譲りか?
とにかく彼女の書く曲は素晴らしいの一言、
曲構成の着想が斬新、
バリエーションが実に豊富で深い
バラードからブルージーなロック・チューン、
人生の機微を時に激しく、時に切々と歌い上げた
エモーショナルなバラードなど
枚挙にいとまがない
deana3

2005年リリースの本作でもそうした研ぎ澄まされた
彼女の感性が楽曲の随所に光るが、
心持ちバラードに比重が乗る仕上がり
アコースティックギターの繊細な響きを核に
エレクトリック・ギターのワイルドな魅力も盛り込まれ、
各インストルメンツの光らせ方、ストリングス、
さり気ない、ペダル、スティール、スライドなど
カントリーの色付け・・・
リズム、サウンド、アレンジ、構成が
完璧なまでに入念に練り上げられていて
非の打ち所がない
聞くたび発見があり、飽きさせない
見事なスタジオ・ワークと熟練の技、そして
音楽への情熱の賜物だろう
やっぱナッシュヴィルってすごいなあってつくづく思うよ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント