2016/05/08 今日のオープニング

さあゴールデン・ウィークも最終日
今日のオープニングは
LANA DEL RAY / ULTRA VIOLENCE
LANA7

謎めいた美人SSW ラナ・デル・レイ、
その悲しみを超えた絶望感は限りなく美しく、
棘を向けられたように皮膚から
痛みが身体を這い上がり
脳天を突き刺す
LANA1

プロデュースにブラック・キーズBLACK KEYSの
ダン・オーバックDan Auerbachを迎えた
2014年リリースのメジャー・セカンド・アルバム
ビートの主張を最小限に抑えた
穏やかなミニマル・サウンドに
乗って美しくも果敢なく歌われる
生々しいまでにプライヴェートな
男と女の愛憎の果て、
幸せに見え隠れする金という現実、
生の影でおびえる死の幻影・・・
ナイフを喉元に付きつけ
いつのまにか
肌触りの良い真綿が首を締めつける
彼女の歌にはそんなショッキングな感触が残る
エイミー・ワインハウス以来の衝撃
ニルヴァーナのカート・コバーンからの影響を公言している
LANA4


ULTRAVIOLENCE

He used to call me DN
It stood for deadly nightshade
Cause I was filled with poison
But blessed with beauty and rage
Jim told me that
He hit me and it felt like a kiss
Jim brought me back
Reminded me of when we were kids

[Chorus]
This is ultraviolence
Ultraviolence
Ultraviolence
Ultraviolence
I can hear sirens, sirens
He hit me and it felt like a kiss
I can hear violins, violins
Give me all of that ultraviolence

He used to call me poison
Cause I was poison ivy
I could have died right there
Cause Jim was right beside me
Jim raised me up
He hurt me but it felt like true love
Jim taught me that
Loving him was never enough

This is ultraviolence
Ultraviolence
Ultraviolence
Ultraviolence
I can hear sirens, sirens
He hit me and it felt like a kiss
I can hear violins, violins
Give me all of that ultraviolence

We can go back to New York
Loving you was really hard
We can go back to the start
Where they don't know who we are
Heaven is on earth
I would do anything for you and me
Blessed is this union
Crying tears of gold like lemonade

I love you the first time
I love you the last time
Yo soy la princesa, comprende mis white lines
Cause I'm your jazz singer
And you're my cult leader
I love you forever
I really love you forever

This is ultraviolence
Ultraviolence
Ultraviolence
Ultraviolence
I can hear sirens, sirens
He hit me and it felt like a kiss
I can hear violins, violins
Gimme all of that ultraviolence.
LANA2

あの人には
ベラドンナって呼ばれてた
毒のある花の名前よ
用心してなきゃ酷い目に遭う
そんな感じの子だったけど
とにかく見た目がキレイだったし
情熱的な性格だったって
ジムがそう言ってたの
ぶたれても
キスしてるような気がしてた
ジムに会って思い出したの
お互いの子どもの頃の思い出を

[Chorus]
これがウルトラヴァイオレンス *
あまりに酷くて度を越した
暴力のことをそう呼ぶの
こうして耳を澄ましていると
サイレンが聞こえてくる
ぶたれたのに
キスしたような気がしたの
じっと耳を澄ましていると
ヴァイオリンの音も聞こえてくる
いいのよ
思う存分好きにして

あの人には
危険な女って呼ばれてた
だって猛毒の
トリカブトみたいな子だったから
その気なら
あそこですぐに死ねたのに
自分のすぐそばに
ジムがいてくれたんだから
あの人が今の自分を育ててくれた
酷いこともされたけど
その時は本当の愛に思えたの
だけどジムが教えてくれた
愛してるってそれだけじゃ
どうしてもダメなんだって

これがウルトラヴァイオレンス
あまりに酷くて度を越した
暴力のことをそう呼ぶの
こうして耳を澄ましていると
サイレンが聞こえてくる
ぶたれたのに
キスしたような気がしたの
じっと耳を澄ましていると
ヴァイオリンの音も聞こえてくる
いいのよ
思う存分好きにして

New Yorkに戻らない?
ただ愛するだけでも
本当に大変なんだもの
最初に戻って
2人のことを誰も知らない
そういうとこから始めるの
天国なんて
すぐそばにあるんだから
2人のためなら
どんなことだってするつもり
こうしてお互い結ばれたの
それがとっても嬉しくて
流す涙さえ
レモネードみたいに輝いてる

最初の時から愛してたから
最後の時もそうするの
アタシはお姫様で
あの「白線」のことも知ってるの **
アタシはあなたのジャズ・シンガー
あなたはカルトの教祖様
いつまでも愛してる
本当にずっと愛してる

これがウルトラヴァイオレンス
あまりに酷くて度を越した
暴力のことをそう呼ぶの
こうして耳を澄ましていると
サイレンが聞こえてくる
ぶたれたのに
キスしたような気がしたの
じっと耳を澄ましていると
ヴァイオリンの音も聞こえてくる
いいのよ
思う存分好きにして
LANA3
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント